結婚式に着けていくバレッタには何かマナーがあるのでしょうか?

バレッタにはパールやリボンや花などいろいろな種類があります。

では結婚式のヘアアクセサリーとしてNGなバレッタとは、どのようなものなのでしょうか?

結婚式のバレッタ

結婚式に参列する場合、特に女性は服装もそうですが髪型にも気を付ける必要がありますよね。

結婚式はフォーマルな場所になるので、髪型もそのままではカジュアルなイメージになってしまうのであまりよくありません。

その為、当日は美容院に行って髪をセットしてもらうという人も。

しかし、中にはそんな時間もないという人も少なくありません。

だからといって、自分で髪型を整えるのもなかなか大変です。

しかし、結婚式に一つ付けていくと一気に髪が華やぐのがバレッタです。

今回は、結婚式に参列するときに着けていくバレッタのマナーについてご紹介します!

目次

  • 結婚式につけるバレッタのマナーとは?
  • 結婚式にNGなバレッタとは?
  • まとめ

●関連
⇒「結婚式におすすめのバレッタ」の一覧はこちらです

スポンサーリンク

結婚式のバレッタのマナーとは?

結婚式に着けていくバレッタにマナーはあるのでしょうか?

結婚式に参列するときに、女性の髪をより華やかにしてくれるアイテムがバレッタです。

しかし、バレッタといっても色々な種類があり、どれが結婚式にふさわしいのか難しいところもあるかと思います。

では、結婚式におすすめなバレッタをいくつかご紹介します。

パール&ラインストーンのバレッタ

結婚式が昼にある場合にはあまり光るアクセサリーは写真の光を反射しまうというのでタブーとされています。

そこでおすすめなのがパールのアクセサリーです。

パールなら華やかで上品さをこれ一つで演出してくれます。

⇒「パールのバレッタ」おすすめ一覧はこちらです

バレッタに使うなら、パールがメインでそれに花を添えるようにラインストーンのあしらわれたものがおすすめです。

リボンバレッタ

結婚式に、ただのリボンバレッタの場合ちょっと地味な感じがしますし、何よりもカジュアル感が出てしまい結婚式には向きません。

しかし、大きめのリボンバレッタならそれ一つで髪に華やかさを演出することができるのでおすすめですよ。

⇒「リボンバレッタ」おすすめ一覧はこちらです

さらに、平らなものだと地味に感じてしまうので、より立体的なタイプのリボンバレッタを選びましょう。

ビジューのバレッタ

結婚式にはカラフルなストーンをふんだんに使った立体的なバレッタもおすすめです。

ただ、同じビジューのバレッタでもキラキラと光るものは控えましょう。

⇒「ビジューのバレッタ」おすすめ一覧はこちらです

見た目も華やかでありながら上品なものを選べば、シンプルなドレスにしっかりと花を添えてくれますよ。


スポンサーリンク

結婚式にNGなバレッタとは?

結婚式にバレッタをつけていくなら、派手になりすぎないくらいの華やかなものがおすすめです。

しかし、結婚式のバレッタの選び方を間違えてしまうとマナー違反になってしまうので注意が必要です!

では、どのようなバレッタは結婚式には控えた方がいいのでしょうか?

結婚式に生花をあしらったバレッタはマナー違反!

生花というのは女性の髪をより華やかに演出してくれますよね。

しかし、結婚式において生花は花嫁のためのものです

その為、生花を使用したバレッタやアクセサリーは避けましょう。

もしも花を使用したいのであれば、花のコサージュをあしらったものをお勧めします。

結婚式にカジュアルすぎるバレッタはマナー違反!

結婚式には普段使っているようなシンプルなデザインのバレッタも向いていません。

結婚式はあくまでフォーマルな場所です。

さらに女性は花嫁をより引き立てるという役割も持っています。

その為、あまりにもカジュアルなデザインのバレッタをつけていくのはやめましょう。

あくまで特別感のある華やかなバレッタがおすすめとなります。

まとめ

結婚式に参列する場合、どうしても髪型が地味になってしまうと悩むことっていありますよね。

そんな時には、バレッタが一つあるだけで随分と見た目が華やかになるのでお勧めです。

ただ、バレッタと一言に言っても色々な種類がありますよね。

結婚式にふさわしいバレッタは、やはり見た目も華やかなもの。

特に結婚式はパールやビジューのあしらわれたものが、女性全体を華やかに見せてくれるのでお勧めです!

逆に同じバレッタでもカジュアルなものや花をあしらったものはマナー違反になるので注意が必要です。

ぜひドレスに合わせて華やかなバレッタを選んでくださいね。

スポンサーリンク