結婚式の二次会で幹事がやることには、どのようなことがあるのかご紹介しています。

結婚式の2次会の幹事を頼まれたら何するのか?

2次会のゲストや新郎新婦に喜んでもらうための役割や役目について順番に確認をしていきましょう!

結婚式の二次会で幹事がやること

結婚式を挙げる仲の良い友達に二次会の幹事を頼まれる人も多いのではないでしょうか。

でも、結婚式の二次会の幹事なんて、何をすればいいのかわからずについ悩んでしまうとこともあると思います!

しかし、最初からどのようなことをどのような順番で行っていけばいいのか知っていれば、スムーズに二次会を行うことができるもの。

今回は、結婚式の二次会の幹事がやらなければならないことについてご紹介します。

目次

  • 結婚式の二次会の幹事がやることとは?
  • 結婚式の2次会の幹事を頼まれたら何するの?ゲストや新郎新婦に喜んでもらうには?
  • まとめ
スポンサーリンク

結婚式の二次会の幹事がやることとは?

結婚式の二次会に幹事がやることとは、どのような事なのでしょうか?

仲の良い友達が結婚式を挙げることになると、二次会の幹事を頼まれることがあります。

とはいっても、結婚式の二次会の幹事なんてどんなことをすればいいのかよくわからないという人も多いかと思います。

では、ここでは二次会の幹事はどのようなことをすればいいのかをひとつずつご紹介します。

結婚式の二次会の打ち合わせと幹事の顔合わせ

結婚式の二次会の大まかな打ち合わせが、まずは必要です。

打合せには新郎新婦はもちろん、二次会の幹事も全員集まって話し合いをします。

  • 二次会当日までの流れ
  • 新郎新婦の要望やリクエスト
  • 役割分担
などについて、打ち合わせや確認をします。

新郎新婦とお互いの幹事同士がまだ初対面という場合も多いので、顔合わせという意味もあります。

結婚式の二次会に招待するゲストを決める

結婚式の二次会に招待するゲストを決めます。

招待客のリストは二次会の主催が新郎新婦であれば、新郎新婦にピックアップをお願いします。

結婚式の二次会のゲストのピックアップが終わると、おおよその人数が把握できます。

もちろんピックアップしたゲストが全員2次会に参加してくれるわけではありませんが、会場を決める参考になります。

結婚式の二次会の会場や場所を決める

結婚式の二次会の参加人数などが決まったら次は会場選びをしていきます。

特に時期的に混むことが予想される場合には、早めに会場を抑えておく必要があります。

どのような雰囲気で結婚式の二次会を行いたいかという新郎新婦からの要望があれば選びやすいですが、そうでない場合は

  • 落ち着いた雰囲気がいい
  • くだけた雰囲気の会場がいい
  • 貸し切りできる店がいい
など、いろいろな会場があるので、最初の打ち合わせで方向性を度決めておけると選びやすいです!

結婚式の二次会の招待状を作成する

結婚式の二次会の会場が決まったら、招待状を作成し、送ります。

最近では仲の良い友達などへは、

  • メール
  • ライン
を使うことができるので、出欠の返事も早めにもらえます。

すべての招待客の出欠がわかったら、改めて出欠の集計をします。

結婚式の二次会に行うゲームなどを企画する

結婚式の二次会の参加人数を確認することで、予算が決まるので、その予算内で二次会の企画をします。

二次会の余興でのメインはやはりゲームです。

結婚式の二次会に参加するゲストすべてに喜んでもらえるような

  • 演出やサプライズを考る
  • ゲームの企画をする
  • 景品を選ぶ
などします。

結婚式の二次会の当日に集金や司会進行役をする

結婚式の二次会の当日も幹事は忙しいですよ!

当日はゲストよりも先に会場に入り、

  • お店の方に挨拶をする
  • 二次会の準備をする
  • 受付にてゲストから集金をする
などなど。

二次会本番中ではしっかりと時間内での進行を務め、終わったら片付けや三次会などがあればそちらに誘導することになります。

これが、結婚式の二次会の幹事が行う大まかな内容となります。

スポンサーリンク

結婚式の2次会の幹事を頼まれたら何するの?

結婚式の二次会の幹事を頼まれたら何をするものなのか?

仲の良い友達が結婚式を行うこととなり、二次会の幹事を頼まれることってありますよね。

初めて二次会の幹事を頼まれたとき、いったいどのようなことをすればいいのか悩んでしまうもの。

まして結婚式の経験がある人は、二次会もとても大変なのではないかと身構えてしまいます。

しかし、結婚式の2次会の幹事は事前にきちんと内容を把握して順序良くこなしていけば、そう悩むことはありません!

結婚式の二次会の幹事は、大まかにいえば、二次会の企画・演出・運営を行うものです。

ただ、結婚式の二次会といっても大きく2つに分けられます。

一つは新郎新婦に頼まれて行う場合、もう一つは友達が主体で行う場合です。

新郎新婦に頼まれて行う二次会の幹事の場合

新郎新婦に頼まれて二次会を行う場合は、内容なども新郎新婦の意思に沿って行わなければいけません。

しかし、必要以上の経費に関しては新郎新婦がある程度負担してくれることがほとんどなので、会費も少なくすみます。

友達が主体で行う二次会の幹事の場合

友達が主体で行う場合はあくまで新郎新婦も招待客となります。

その為、結婚式の二次会の幹事になった人は

  • 参加ゲスト
  • 予算
  • 会場
  • 演出
  • セッティング
  • 招待状の送付
  • 当日の運営
などすべてを行わなければならず結構大変なものになってきます。

しかも、幹事は一人では務まらないので数人が行うことになりますが、なかなか顔を合わせるタイミングがないと話をまとめにくくなることもあります。

とにかく結婚式の二次会の幹事というと、二次会に関するすべてのことを担うという大きな役目があるのです。

まとめ

結婚式の二次会は、多くの場合は新郎新婦の友人が幹事となって行われることが多いものです。

そして、一度幹事を引き受けてしまうと、二次会の会場決めから演出、予算組や景品の買い出しなど何かと大変なものです。

しかし、二次会の当日ゲストや新郎新婦に喜んでもらえることは幹事にとってこの上ない喜びではないでしょうか?

特に仲の良い友人に結婚式の二次会を頼まれた場合には、ぜひ引き受けてみましょう。

スポンサーリンク