結婚式の招待状の返信にアレルギーなしの場合とアレルギーがある場合の正しいメッセージの書き方とをお伝えしています。

また、結婚式の招待状の返信にあるアレルギー欄には好き嫌いや食べれない食材も書いていいのか、あわせて確認していきましょう!

結婚式の招待状の返信アレルギー

結婚式といえば、食事がつきものです。

しかし最近では、食物アレルギーを持つ人が増え、それに伴い結婚式の招待状にもアレルギーの有無を確認する欄があるものも増えてきました。

では、結婚式の招待状に食品アレルギーの有無を確認する欄があった場合、どのように書いたらいいのでしょうか?

アレルギーがある場合となしの場合の書き方、そして合わせて好き嫌いも書いてもいいのかもご紹介します!

目次

  • アレルギーなしの場合の書き方!無記入?きちんと書く?
  • アレルギーがある場合のメッセージの書き方!遠慮せずに書いた方がいい?
  • アレルギー欄に好き嫌いも書いていい?
  • まとめ
スポンサーリンク

結婚式の招待状の返信でアレルギーなしの場合の書き方とは?

結婚式の招待状に、アレルギーの有無を確認するがあると、実際にアレルギーがある人にはありがたいですよね。

しかし、もちろんほとんどの人の場合はアレルギーはないかと思います。

では、食品アレルギーがない場合は無記名でいいのでしょうか?

そして、もしもきちんとアレルギーなしと伝えたい場合には、どのように書くのがいいでしょうか?

アレルギーなしの場合の返信は無記入?きちんと書く?

まず、食品アレルギーの有無を確認する文章があった場合、たとえなくても「アレルギーなし」ということをきちんと書く方が丁寧です。

もし何も記載がないと、

  • 確認を忘れている
  • 書き忘れている
という可能性が考えられるからです。

そしてメッセージにアレルギーがないという事を書く場合には、ただ「アレルギーはありません」と書くのはちょっとそっけないですよね。

できれば、

  • 特にありません。お気遣い有難うございます。
  • アレルギーはありません、お心使い感謝します。
などと書くと丁寧ですよ。
スポンサーリンク

結婚式の招待状の返信にアレルギーがある場合のメッセージの書き方とは?

アレルギーでどうしても口にできない食べ物があるという人もいますよね。

そんな人の場合、見た目はその食品が入っていなくても、口にするとアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。

だからと言って、自分だけのために食事内容を変えてもらうのも気が引けるので、たとえ招待状にアレルギーを問う項目があっても実際に書いてもいいか悩んでしまうこともあるかと思います。

ではアレルギーがある場合どうしたらいいのでしょうか?

アレルギーがある場合は遠慮せず書くのがおすすめ!

アレルギーがある場合は遠慮せず結婚式の招待状の返信に書くのがおすすめです。

  • アレルギーによっては、重大な症状を起こす
  • 招待側である新郎・新婦側も披露宴でおいしい食事を楽しんでもらいたい
ということがあります。

その為、もしもアレルギーがあるのであれば、遠慮せず書くことをおすすめします。

アレルギーがある場合の書き方例!

アレルギーがある場合の書き方としては、

大変申し訳ありませんが、○○のアレルギーがありますのでご配慮いただければ助かります。

よろしくお願いいたします。

というように丁寧に書いておくといいでしょう。

結婚式の招待状の返信でアレルギー欄に好き嫌いや食べれない食材も書いていい?

結婚式の招待状の返信欄に、アレルギー欄がある場合、もちろんアレルギーがある人は書いておいた方がいいでしょう。

ただ、中にはアレルギーはなくともどうしても口にすることができない食べ物がある人もいますよね。

そんな時は、好き嫌いをアレルギー欄に書いてもいいのでしょうか?

好き嫌いや食べれない食べ物は書かないようにするのがおすすめ!

好き嫌いや食べれない食べ物がある場合でも、アレルギー欄には「特にありません お心遣い感謝します」と書きましょう。

いくら嫌いな食べ物があったとしても、

  • 結婚式の食事を変えてもらうのはちょっとわがままととられてしまう
  • 出席者みんなの好き嫌いを聞いていたら料理メニューに困ってしまう
ということになりますよね。

その為、好き嫌いに関しては特に触れずにメッセージを書きます。

もちろん当日、苦手な食べ物が出る可能性もあります。

そんな時には、その料理もしくは食品だけ口にしないようにしたり、一口だけ口にしてあとは残したりするなどして、大人の対応をしましょう。

まとめ

結婚式に欠かせないのが食事ですが、アレルギーがあるとせっかくの食事を口にできないということも考えられますよね。

その為、最近では事前に招待状でアレルギーの有無を確認することが多くなりました。

もちろんアレルギーは無いにこしたことはありませんが、もしあるのであれば、遠慮せずにきちんと書いておくようにしましょう。

スポンサーリンク