結婚式のヒールのマナーについて紹介しています。

結婚式に履くパンプスのヒールの高さは何センチのものがいいの?

ヒールの太さは太めやピンヒールも大丈夫なのか?

色や素材にマナーは何かあるのでしょうか。

結婚式のヒールのマナー

結婚式に参列する場合、女性はフォーマルなドレスにヒールがマナーですよね。

しかし、ヒールと一言に言っても色々な種類があり、中にはマナー違反というものも。

では、結婚式に参列する際のヒールのマナーにはどのようなものがあるのでしょうか?

目次

  • 結婚式のヒールの高さは低めやなしがマナー?高すぎはNG?
  • 結婚式のヒールの太さのマナー!太めやピンヒールでも大丈夫?
  • 結婚式のヒールの色や柄にマナーはある?
  • 結婚式のヒールの素材のマナーとは?
  • まとめ

⇒「結婚式のお呼ばれのパンプス」おすすめはこちらです

スポンサーリンク

結婚式のヒールの高さは低めやなしがマナー?高すぎはNG?

結婚式のヒールの高さは低めやなしがマナーなのでしょうか?

ヒールの高すぎはマナー違反になってしまうのでしょうか?

まず、結婚式のヒールの高さのマナーから見ていきたいと思います。

結婚式のヒールの高さは何センチがマナー?

結婚式に参列する際のヒールの高さって気にしたことはありますか?

実は、このヒールの高さにはマナーがあるんです。

まず大切なのは、低すぎるヒールはNGだということ。

少なくとも3センチ以上のヒールの高さのあるものを履くようにしましょう。

結婚式のヒールの高さのおすすめは5センチ~10センチ。

この高さのヒールであれば、履くことで足がとてもきれいに見えるのだとか。

ただ、普段履きなれない高すぎるヒールを履いて足を痛めてしまっては元も子もありませんよね。

そういう場合は無理をしない程度の高さのヒールを履くようにしましょう。

ちなみに妊婦さんの場合はペタンコのミュールなどでもマナー違反にはなりません。

結婚式のヒールの太さのマナー!太めやピンヒールでも大丈夫?

結婚式のヒールの太さのマナーにはどのようなことがあるのでしょうか?

結婚式のヒールの太さは太めやピンヒールでも大丈夫なのでしょうか?

次に、結婚式に参列する際の女性のヒールの太さについてご紹介します。

結婚式のヒールの太さは細い方がおすすめ!太すぎるのはNG!

結婚式に参列するときには、実はヒールの太さにもマナーがあります。

太さは、細ければ細いほどフォーマルということになります。

つまり、ピンヒールであれば問題はありません。

しかし逆に、

  • ヒールの太いもの
  • ウェッジヒール
  • 厚底ヒール
はカジュアル感があるのでNGとなります。

もちろん、結婚式はピンヒールでなければいけないという訳ではないので、ほどほどに細めのヒールでも特に問題はありません。

スポンサーリンク

結婚式のヒールの色や柄にマナーはある?

結婚式のヒールの色や柄にマナーはあるのでしょうか?

結婚式に履くヒールは形だけではなく色も気になるもの。

では、ヒールの色にもマナーはあるのでしょうか?

結婚式のヒールの色は何色でも大丈夫!

結婚式のヒールの色は何色でも大丈夫ナノでしょうか?

実は、結婚式に履いていくヒールの色には特に決まりはありません。

結婚式にはタブーとされている白も、靴であればOKとされています。

つまり、着ていくドレスや小物に合わせて好みの靴の色を選んで履いていっていいのです。

結婚式のヒールの柄には注意!

結婚式のヒールには注意点もあります。

それは、柄についてです。

ヒールの中には動物柄のものもありますよね。

こちらは、殺生を想像させるのでNGとなっているので注意しましょう。

結婚式のヒールの素材のマナーとは?

結婚式のヒールの素材にはマナーが何かあるのでしょうか?

最後に結婚式に履いていくヒールの素材についてご紹介します。

結婚式のヒールはエナメル素材がおすすめ!

結婚式のヒールの素材でおすすめはエナメルです。

エナメルは光沢があって

  • 高級感
  • 華やかさ
が感じられるのでおすすめです。

冬の寒い時期であれば、温かみを感じられるスエードのパンプスでも問題ありません。

そしてアクセサリーではNGとされているきらびやかなラメも、靴であればOKとなります。

⇒「結婚式のお呼ばれのパンプス」おすすめ一覧はこちらです

まとめ

結婚式に参列するとなると、真っ先に服装を気にするものですが、おしゃれは足元からというように靴選びも大切です。

特に女性の場合、ドレスに合わせたヒールを選ぶ必要がありますが、それだけではいけません。

実は女性が結婚式に参列する場合ヒールには細かいマナーがあるのです。

ヒールの高さや太さ、色や素材だけではなく、見た目もカジュアルなものはNGとなるので注意が必要となります。

細かくて面倒という人は、ヒールの高さが3センチ以上の黒のパンプスを1足持っていると弔事・慶事のどちらでも使用できるので便利です。

足元だからと油断していても意外と人に見られているものです。

きちんとマナーを守った靴を選びましょうね。

スポンサーリンク