結婚式の引き出物に縁起物

結婚式の引き出物で縁起物とはどのような品物の種類があるのでしょうか?

結婚式の引き出物に縁起物は必ず必要なのか、なしでも気にしないで大丈夫なのでしょうか?

結婚式を行うときに、参列者の方に感謝の気持ちを込めて贈る引き出物。

引き出物は一般的には3品、「記念品」「引菓子」「縁起物」を用意することが多いようです。

しかし、若い新郎新婦の中には縁起物を入れる必要があるのかどうか疑問視する人も少なくありません。

そこで出席していただいたゲストに用意する結婚式の引き出物に縁起物を入れるか入れないかの疑問について紹介します。

目次

  • 結婚式の引き出物で縁起物の食べ物とは?
  • 結婚式の引き出物に縁起物は必要なの?
  • 結婚式の引き出物に縁起物をなしにしても気にしないで大丈夫?
  • まとめ
スポンサーリンク

結婚式の引き出物で縁起物の食べ物とは?

結婚式の引き出物に入れる縁起ものとはどんなものなのでしょうか?

結婚式を行う新郎新婦の中には、縁起物がどのようなものかを知らないという人も多いかと思います。

そこで、結婚式の引き出物によく用いられる縁起物の食べ物をいくつかご紹介します。

昆布

昆布はその名の通り、「喜ぶ(よろこんぶ)」という意味を表しています。

かつお節

かつお節は作るときに見の背中側とおなか側に切り分けられて作られます。

このかつお節の

  • 背中側を「雄節」
  • おなか側を「雌節」
といって、雄節と雌節が合うことから「夫婦円満」を表しています。

梅干し

梅干しは健康の元ともいわれているので、「健康長寿」を願っています。

うどん

うどんは麺類の中で一番太いことから、夫婦がいつまでも太く長く幸せでいられるように願いが込められています。

赤飯

赤飯は言わずと知れた縁起の良い食べ物ですよね。

もともと日本では赤い色は災いを跳ね返す力があるということで用いられています。

スポンサーリンク

結婚式の引き出物に縁起物は必要なの?

結婚式の引き出物に縁起物は必ず必要なのでしょうか?

結婚式の引き出物は3品用意することが多く、その中に含まれるものの一つが「縁起物」となります。

結婚式の引き出物に入れる縁起物は使い分けを検討!

結婚式の引き出物に縁起物は必ず必要かと言われれば、決してそうではありません。

最近では縁起物を渡してももあまり喜ばれないことが多くなってきました。

そのため縁起物の引き出物の代わりにプチギフトなどを渡すことも多くなっています。

ただ、やはり年配の人の中には引き出物の中には縁起物は入っていて当然と考えている人も少なくありません。

結婚式の引き出物に必ず縁起物が必要という訳ではありませんが、できれば参列する年齢層なども考えて入れるか省くかを考えた方がいいでしょう。

悩んでしまう場合には、自分の両親などに相談するのも一つの方法ですよ。

結婚式の引き出物に縁起物をなしにしても気にしないで大丈夫?

結婚式の引き出物に縁起物をなしにしても気にしないで大丈夫なのでしょうか?

結婚式の引き出物の中には、今では必ず縁起物を入れなければならないということはなくなりました。

実際に縁起物が入っていても、あまり使わなかったりして不評だったということもあるようです。

確かに縁起物の中には、最近ではあまり使われないものも含まれています。

結婚式の引き出物は年配の人に縁起物を用意し若い人にはプチギフト!

結婚式の引き出物は年配の人の場合、結婚式の引き出物の中に縁起物は入っていて当然と認識している人も少なくありません。

その為、もしも引き出物を贈り分けするのであれば、

  • 若い人にはプチギフトの引き出物を
  • 年配の人には縁起物の引き出物を
という形で分けるのも一つの方法です。

そして、縁起物の中には、かつお節やうどん、梅干しなど普段使いできるものも含まれています。

縁起物を入れるか入れないか悩むのであれば、実用性のある物を選んでみるのも一つの方法ですよ。

引き出物の中に縁起物を入れるのは、日本で昔から引き継がれてきたものです。

縁起物を入れなくても気にしない人なら大丈夫かもしれませんが、気になるのなら入れておいて間違いはありませんよ!

まとめ

結婚式の引き出物の中に縁起物を入れるのは古い考えだと思っている人もいるかもしれません。

特に若い新郎新婦なら縁起物を入れるならかわいいプチギフトを入れたいと考える人もいるでしょう。

しかし、年配の人などが多く参列する結婚式なら、縁起物は入れておいた方が無難です。

もちろん、必ず入れなくてはいけないというものではないので、そういう場合には贈り分けをするなど工夫してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク